構成/演出 齋藤敏明

1960年、福井県武生市生まれ。名古屋大学工学部建築学科中退。

大学入学後、大学内の劇団にて、演劇を始める。その後、劇団を結成、

主に、劇作、演出を、手掛けた後、イベント、演劇などの制作会社を

設立。会社解消後は、フリーの演出家として、名古屋を中心に活躍。

数々のプロデュース公演、他劇団の公演、市民参加劇、ミュージカル、

オペラ、ステージイベントなど、幅広い分野にわたって、構成、演出

を数多く手掛ける。

最近では、分野の異なるアーティストによるジョイントステージや

コンサートなどの構成、演出も手掛ける。2006年より雅楽師・東儀秀樹のコンサート

ツアー(「TOGI+BAO」やバイオリニスト古澤巌、アコーディオニストcobaとの

ジョイント「TFCコンサートツアー」)の構成演出を担当。

日本演出者協会会員。大同大学情報デザイン学部メディアデザイン学科 非常勤講師。

名古屋ビジュアルアーツ専門学校 ステージ演出 非常勤講師。

  【主な演出作品】

愛知県AAF戯曲賞優秀賞受賞作 『so bad year』(永山智行 作)

自身プロデュース演劇公演『メトロ・ノーム』『砂のそら音』『しじまじし』(作・演出)

うた座オペラ公演『ジョバンニ と カムパネルラ』(北村想 作/萩京子 作曲)、

うた座オペラ公演『SMILE』(鄭義信 作/萩京子  作曲)

名古屋市文化振興事業団主催公演  オペラ『夏の夜の夢~嗚呼、大正浪漫編~』

(山元清多 作/萩京子 作曲)

奈良県香芝市民オペラ公演  (1998年、2000年~現在)

『カルメン』『こうもり』『メリー・ウィドウ』『ジプシー男爵』『ヴェネツィアの一夜』『天国と地獄』『魔笛』『フィガロの結婚』ほか

地域振興パフォーミングアーツ実行委員会主催 オペラ公演(2015年~現在)

『狐の嫁入り』『まほうのふえをふきならせ!』『ヘンゼルとグレーテル』『小さな煙突掃除屋』『泣いた赤鬼』『魔笛』『オーバー・ザ・レインボー』

文楽人形オペラ 『おさん 伊八 ~睦月連理玉椿~』 

第11回国民文化祭とやま’96 閉会式 総合演出

福井ハーモニーホール3周年記念事業『源氏物語とオペラの世界の女性たち』

福井ハーモニーホール、東京オーチャードホール、大阪梅田芸術劇場公演

『光源氏・さかさまに行かぬ年月よ~美しき男たちの源氏音かたり~』(東儀秀樹、古澤巌、塩谷哲、橋爪淳、ジョン・健・ヌッツオら、6人の男性アーティストらによるコラボレーションステージ) 

中部電力チャリティコンサート 「Ryuと名古屋フィルハーモニー交響楽団とのジョイントコンサート」 など

『愛・地球博』パレード隊、『あいちトリエンナーレ』PR隊 の企画構成演出

『瀬戸内しまのわ2014』 開会記念厳島神社コンサート(石井竜也、東儀秀樹、古澤巌出演)構成演出

東京国際フォーラム 『源氏物語音楽絵巻~儚き夢幻~』        構成・演出協力

                                 ほか、多数。